柳生笠

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(4 票)
Loading...Loading...
柳生笠

柳生笠(やぎゅうかさ)、笠紋のひとつ。並び笠とも呼ばれ、市女笠という種類の笠を図案化したもの。柳生氏が替紋として使用していた家紋。

柳生笠(やぎゅうがさ)は、日本の家紋「笠紋」の一種である。「二階笠(にかいがさ)」、「二蓋笠(にがいがさ)」ともいう。柳生氏の替紋である。もとは、坂崎氏の家紋であったが、坂崎成正(坂崎直盛)が、千姫事件の際、責を負って自害するときに、友人であった宗矩の説得に感謝して坂崎家の家紋を譲渡したとされる。「二階笠」ともいうように、もとは市女笠を上下に2つ重ねた図案であった。縦置きと横置きがあるがどちらも柳生笠という。wikipediaより引用

柳生笠

柳生笠