網紋

魚を獲る投網を文様化したもので網、網目、干網に分類される。「丸に三つ網」は三社祭で有名な浅草神社の神紋とされ、平安末期から存在していたと考えられ家紋の歴史は古い。