麻紋

麻はクワ科の一年草で中央アジア原産で古くから渡来し、衣料の原料として栽培されてきた。文様は正六角形を基本としたものが一般的で、江戸時代には着物をはじめ帯や襦袢、袋小物に頻繁に用いられています。

代表使用家

麻生・麻田・麻野