菊、菊花紋

菊紋は皇室の紋章。特に花を中心に図案化されたものを菊花紋と呼ぶ。鎌倉時代、後鳥羽上皇がたいへん菊を好まれ自らの印として使用したのが由来をされています。

代表使用家

皇室・皇族・水無瀬・七条