楓紋

紅葉(もみじ)、椛(かば)とも呼ばれるが、楓(かえで)に関しては万葉の時代から、葉が蛙の手に似ていることから”かえるで”と呼ばれており、それが転訛したものとされています。現在の家紋の中では影が薄い印象でありますが、バリエーションは多く存在します。

代表使用家

粟飯原・東・高山・遠藤

丸に楓

丸に楓

割楓

割楓

本国寺楓

本国寺楓

三つ割楓

三つ割楓

石持地抜楓

石持地抜楓

四つ楓菱

四つ楓菱