輪紋

輪紋は紋の外枠に用いられる囲み紋としての使用が多く、着物に紋が入れられるようになった頃から広まりをみせました。また宗家から分家に家紋が引き継がれた際に一族を区別するために輪紋を加えるなどされてきました。
標準の太さのものを「丸輪」と呼び直径の9分の1から10分1とされていますが、紋によってはバランスを取るために太さが異なっている紋も多々見受けられます。

代表使用家

安部・松平・揖斐・和田