瓜、瓢紋

瓜(うり)、文様紋に属する瓜(か・くわ)とは区別される。文様にされているものはマクワウリと呼ばれるメロンの一種。
瓢(ひさご)とは瓢箪(ひょうたん)のこと。花として咲くのが夕顔と呼ばれ、その実を加工したものが干瓢(かんぴょう)である。瓢紋は豊臣秀吉が馬印と使っていたことで有名ですが、その他には飛騨一宮の水無神社では水瓢箪が神紋とされています。

代表使用家

瓜生・新見・木下・猪子