鹿・鹿角紋

奈良にある春日大社創建の際に、鹿島神宮よりタケミカヅチが白鹿に乗りやってきたという伝説から鹿は神の使いと言われている。家紋においては兜の 前立てに鹿角を使うなど尚武的な意味合いが強く、鹿角が描かれていることがほとんどだ。

Post to Instagram!