花菱紋

大陸から伝来した模様で、平安時代以降は有職文様として用いられた。家紋としては、武田氏が用いたのが始まりとされる。wikipediaより引用

代表使用家

武田・松平・今井・内藤

徳大寺花角

徳大寺花角

五つ追い銀杏に花菱

五つ追い銀杏に花菱

石持地抜剣花菱

石持地抜剣花菱

雲形花菱

雲形花菱

浮線蝶に花菱

浮線蝶に花菱

三つ割剣花菱

三つ割剣花菱

痩せ鬼花菱

痩せ鬼花菱

六つ剣花菱

六つ剣花菱

抱稲に花菱

抱稲に花菱

三つ割剣花菱崩し

三つ割剣花菱崩し

三方花菱

三方花菱

割七宝菱に花菱

割七宝菱に花菱

浮線綾山桜に剣花菱

浮線綾山桜に剣花菱

鐶木瓜に花菱

鐶木瓜に花菱

九枚笹敷に花菱

九枚笹敷に花菱