矢筈紋

矢筈(やはず)とは矢を弓の弦(つる)を引っ掛けるために凹ませた部分のこと。“~のはずだ”のように断定にもちいる語源となっています。

代表使用家

服部・稲守・上田・大岩・岡村